粗大ゴミ処分 Bulky Waste Disposal

粗大ゴミシステムについて

粗大ゴミを出すのには少し面倒くさいなと以前から感じていました。インターネットなどから申し込みが必要ですし、大きなごみをごみ置き場に持っていくのだって大変ですし、コンビニやスーパーなどで粗大ゴミの処理券のようなものを買わなければいけません。そもそも、お金がかかるという点だけでもごみを出すのがかなり億劫になってしまいます。
わたしが住んでいる川崎市は30cm以上の金属製品、50cm以上の家具はすべて粗大ゴミになってしまいます。傘や針金ハンガーは除くということですが、例えば物干しさおが少し古くなったから捨てたいとなったときにはそれも粗大ゴミとして出さなくてはなりません。何でもかんでもお金なのかと少し悲しくなってしまいそうなところですが、逆の立場になって考えてみるとどうなのかなと思いました。
普段、ごみ収集車がごみの回収に来るときは大抵粉砕機のようなものがついたトラックでやってくると思います。その場でごみ袋ごと粉砕して運んでいる様子をときどき目にします。では、その状況の中で大きなものがごみとして出されていたらどうなのでしょうか?確実に粉砕機で粉砕することはできませんし機械も壊れてしまいそうです。それに、どんな仕事でもそうですが労力がかかることは事前に連絡するということは大切です。
でも、粗大ゴミをそのまま出そうと思えば出せるのです。粗大ゴミ回収業者に連絡して持って行ってもらえば費用はかかりますが、労力は割かずに済むのでそちらも検討してみてはいかがでしょうか。

Choices Post

粗大ゴミシステムについて

粗大ゴミを出すのには少し面倒くさいなと以前から感じていました。インターネットなどから申し込みが必要ですし、大きなごみをごみ置き場に持っていくのだって大変ですし、コンビニやスーパーなどで粗大ゴミの処理券のようなものを買わなければ…

More...

粗大ゴミの基本的な2つの出し方をご紹介

粗大ゴミの出し方について、紹介したいと思います。粗大ゴミの処分方法には2つあります。1つは地方自治体のゴミ収集のルールに従い、処分をする方法です。地方自治体のゴミの収集ルールは決まっています。基本的には寸法をもとに処分…

More...